2008年08月18日

Calling


携帯の着信に気づいたのは昼のこと

早々、平穏でいられるはずもなかった


急ぎ、外へ向かうと
よく見た黒い車がお出迎えの様子だった

私以外に、数人の生徒も乗り込みを果たす
posted by 瞳 at 01:09| ☔| Comment(0) | 楼bject reading | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

血生臭い鉛の証明

叔父上と会った時のことだ。
驚かれるかなとは思ったが
決意の表れをうやむやにするのは嫌だったから…
そのままで会ったら
やっぱりというか…
何というか、驚かれたというか。怒られたというか。

…ま、相変わらず…
強要はしない人、だけれどな(微笑)

お天道様の匂いがする人。
posted by 瞳 at 04:59| 🌁| Comment(0) | 楼bject reading | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

椎堂・拓人

其れは、物陰に潜む音。

其れは、人が道を行交う音。

其れは、鳥の囀り。

其れは、吹き抜ける………風の音。



ただ、静かに佇んでいた。
posted by 瞳 at 18:00| ☔| Comment(0) | 楼bject reading | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

*・***

傷が体を蝕み
朧に熱を帯び

何をしたくて
何をしたのかすら
どうでもいいと感じる夜

小雨だけがこの行き場のない想いをかきけしてくれる

気がつけば、意識は夢魔の中…小雨が降り続いている
posted by 瞳 at 01:38| ☔| Comment(0) | 楼bject reading | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

***・****

春の涼しい夜風が屋上に吹きぬける。

今宵はどんな夢を見るだろうか。

願わくば、どうか悪夢ではないことを祈ろう…

消える腕
posted by 瞳 at 03:09| ☔| Comment(0) | 楼bject reading | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宵月夜・朔

桜の花びらが舞い落ちる

深い眠りへと誘う


記憶は更に眠った方へと、足音を鳴らす…

キラキラと光る礫
posted by 瞳 at 01:58| ☔| Comment(0) | 楼bject reading | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月01日

芦屋・舞人

瞳は厭にはっきりとした夢を見た。

一夜というには長すぎる夢。
長すぎるが、あっという間に時間を越えるような夢。
予知夢よりも前世夢よりも過去夢よりも、奇妙な感覚に目を覚ます。

「…っ…」

ああ、また偏頭痛がする。
夢の後は、霊を討った後のような感覚が付き纏う。
無駄に、息苦しい。体が蝕まれるように縮こまる。

こういうときは、仕方がないから二度寝をする。
寝ている間は少なくとも、苦しくはない…

五芒星の印が視野に入る。
posted by 瞳 at 22:28| ☀| Comment(0) | 楼bject reading | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。