2007年07月17日

学園祭2日目活動表(事後)

大まかな活動

8:30〜9:00 結社企画<屋上倶楽部><剣極部>
〜13:00 明葉先輩と<カレー><モラ投げ><茶屋> 屋上
〜13:20 <屋上倶楽部><剣極部>

21:00〜24:00 <剣極部> 屋上
00:00〜04:00 屋上

今日一日でアイコン活性化した人数:52
(ほぼ深層心理↓:学園祭終わり次第再び整理に入ります;)

出向いた結社企画 <おみくじ>

///

今回は長い話になる…んで、先に。
学園祭を通して色々な人と知り合った。というより、お話した。
大変私にとって有意義な時間となった…うむ。
皆と出会えたこと1日目より、より深く感謝を思う。

一日経てかつ覚えていることのみの記述となる。すまない。
時間の関係上、RPならびにSSの要領で書かせてもらうな。

朝の<屋上倶楽部><剣極部>どちらも健やかな朝であった。
<剣極部>本日もメイド服…鞘月もメイド服。似合ってる。
開始時刻9時と少ししてから私は出て行った。
鞘月の握ってくれた焼きたらこは旨かったぞ、うむ。
その後、屋上へと向かった。

※屋上の小話については後述。

<屋上倶楽部>本日もメイド服…吾妻先輩が巫女服を着ていた。
足もちゃんと剃っていたんでいいと思う。
…鞘月は素でつるつるだがな。
如月先輩は楽しそうに写真を撮っていた。平和である。

約束どおり<屋上倶楽部>の明葉先輩と共にまずは<カレー>へと向かう。
だが藤井先輩は不在のようだった。無念。
明葉先輩が密かにダジャレて遊んでいた、浮かれているようだ。

次に<麻雀>へ向かおうと画策するが、互いに麻雀がわからない為断念。ゆずきに会いたかったんだが、残念だ。

<モラ>へ向かった。明葉先輩は小動物が好きだなぁ。
モラを運んだり、投げて遊んだ。ここも人は不在…?結果はわからずだ。

合間を縫って<おみくじ>へも行った。屋上でさりげなく宣伝していった先輩は巫女服となっていた。可愛い。
扇風機があったんでつい、あ゛ーっと遊んでいたら
えんむすの結社長らしき日景先輩が二人でしていると威圧感があるな、と申してきた。
奥にもう一人先輩がおり。
なるほど、確かに威圧感を感じる。
だから宇宙人なんだな、と少し会話をし楽しんだ。
ああ、御籤の結果は…
(抜粋〜)
 《出会い運》大吉:今の時期に積極的に動くことがポイント!
  そしてこの時期に出会えた人とのご縁は長続きするようやねv
 《健康運》末小吉:疲れが溜まってきてへんかな?
  ちょっとした油断で風邪をこじらせたりすることもあるよう
  やから、管理には気を使うと良いよ(にこ)
 《金運》吉:自分が「好きだ」と心から思えるものに対しては、
  値段の大小に関わらずお金をかけると良。
  ラッキーアイテムはお昼寝用の枕や♪
…何か十中八九当たっているような。
一日目で何度もあった真目先輩や気のあいそうなハルキ。
縁があり長続きできるようなら、私も嬉しいし。
健康運は何か背後とリンクしている気がすr(世界結界)
…金運はよく解らなかった。
(…枕は必須アイテムだったな…これ今見ると、
 剣極部バックボードに対する忠告文だったように感じる;)

明葉先輩のところへ戻る。まだモラと戯れていたようだ。
次に<茶屋>へと向かう。
屋上で会った天敵・金代先輩の店だ。更に言えば喫茶3位の店だ。
白河がいた。…とりあえずしっと団と判明。
アベックへの通報を願われる。…何しているんだか…。
明葉先輩はリプレイ通りにカキ氷と戯れていた。
私は白玉なんとかを食べる。先輩は、あーんは嫌いらしい。
なかなか面白い店であった。浴衣の店員も可愛かった。
戻ってきたのは<屋上倶楽部>。
どうやら客が着ていた。友好の先輩のようだ。
猫コンプを目指して頑張っているんで応援しておいた。
…鞘月と弘明先輩が仲良くなったらしいことを確認。
よかったな、鞘月、弘明先輩。…と一日目のことを思い出していたとき。
携帯音が流れた。
仕事らしい。チッ。出向くこととする。

(〜間〜※背後はバイト中です)

今日の相方はトロすぎだろと思った。
正直ちょっと辛かった。まぁ頑張った。
でも私より年は先輩なんだな。

仕事から戻って<剣極部>へ出向く。
客が来ていた。どうやらサミル先輩の知り合いらしい。
綺麗で可愛い人なんで、サミル先輩も隅におけんな。
湊川先輩、メイド服似合うぞ。やはり着せて正解。
ロウ先輩と湊川先輩が抱き合っていた。
こんなところでピンクの雰囲気を作ってどうするんだろうか。
しかし、眠い。疲れたし。
つかのまのメイド服三姉妹。
私は奥で眠りふけることとした。
(バックヤード)
泥のように眠る。

(※背後はバイト中)

…朝の話に戻ることとする。※
メイド服のまま、屋上へ出向く。
すがすがしい空気がすいたい。
あと、上から見たらどうなっているのか、興味があった。
…なんか、皆蓑虫のように寝ているんだか、起きているんだか…
あ、一人起きた。霧島先輩へ…とりあえずタオルを渡す。
そんなことをしていると、皆ポコポコ起きだした。
…何故寝泊りなどしているんだろう?
疑問を抱きながら色々と会話をしていく。
ダルそうに発言するトモ先輩とかヨーグルトくれたカウゼルとか。
十六夜に似た苗字だと十七夜先輩と親近感について語ったり、
神崎先輩とも感情について語り、帝先輩とか…
結構人がいて流れはどんどん急速に。
話を聞いていると一日目の夜は闇鍋をしたんだとか。
SとMとNがあるんだとか。天原先輩は自分がSだと叫んでいた。
時限トップも出ていたな。他校生かと疑ったが…
結局彼女は何者だったんだろう?
混雑した話題もなぁなぁになった頃、出入りも激しくなり。
そこへ1日目・校門前で見かけた金代先輩を見る。
挨拶したら私をちんどんやなどと言うからけしからん。
普通に剣極部の宣伝をしていただけなんだが、ううむ。
トモ先輩がちんどんやらしければ撮ってくれなどというもんだから
私はメイド服の写真をとられまいと逃げてきてしまった。
…むぅ、次に会った時はあの写真を回収せねば。

(※背後のバイトが終了しました)

<剣極部>バックヤード。
はっ…結構眠りこけてしまった。
いかん、涎を拭かねば………あ゛?!
…サミル先輩がにやにやとこちらを見ている…
慌てていたら、顔まで拭かれた。
は、腹ただしい。何をするか!もやもやとと思っていたが
これが後の屋上※※後述
…で、恨めしい気持ちだということが発覚したりする。
ロウ先輩もあとからやってきたな。
…何だ、お前達。二人して寝顔に落書きでもしわけではないよな?などと今更思う。
(この後、屋上へ出向いた際に何も言われていないから大丈夫だろうが)
ロウ先輩は信頼の証と言っていたが、ううむ。
…そのようには感じられぬぞ…。
…正直、もう二度と誰にも寝顔など見せんと思った。

とりあえずサミル先輩が帰ったことを確認。
寝顔を見られた私の傷は深いぞ…

その前に<屋上倶楽部>へ出向く。
が、誰もおらず。すでに店は錠をいれられたようだし。

再び、屋上へ赴く。※※
確か、闇鍋が食べられるはずだ、と。
見ると、鍋は既に始まっており…直屋先輩がいた。
サボテン喫茶で世話になった方だ。
ヨーグルト食べ損ねたことをふと思い出した。
十六夜という苗字から親近感について語った春先輩。
蘆屋先輩とは進路のお話を。芦夜先輩は一日ぶり、と。
ライフェリアへは喫茶店で見かけたこと等を。
滝川先輩もいた。大蜘蛛戦以来となる。
相変わらず病欠に元気そうだ。
驚くことに覚えてて下さった。嬉しい。
その間にも来栖先輩の作りし闇鍋は続く
…悲鳴をあげるニンジンやら入っていく。
何か詠唱銀とかも入ってるらs(世界結界)
直屋先輩の作っている赤鍋をよそいがら。
今回の学園祭は意外と大蜘蛛戦のメンバーと会えたんじゃないか
と、篠本先輩然り、思っていると。
猫のようなしなやかさで羽織先輩が現れた。後に日向も来た。
ちなみに赤鍋は直屋先輩がきりもりし、一発芸を披露しなくばもらえない。
私は一番か二番か三番かくらいにもらえたはずだ。
神崎先輩はそんなにおかしかったのか噴出してくれた。
涼子先輩が手を出そうとしたけれど却下されていた。
緋菜先輩はなにかの物まねで、
あるはは何か難しそうなことをさせられていたっけ、
涼子先輩は学級委員の物まねで、
春先輩はうさぎ跳びで、真視先輩は猫のまま食べる、
正岡、真名先輩は何だったか…
(…一日経つともう覚えていないな)
ともかく、合否の判断は直屋先輩で赤鍋の具は闇鍋の具と比例して減っていった。
来栖先輩は赤鍋の具に非常に切ない言葉を残して食べられた。
…今度であったときは何か食べられる物を持っていようと思った。
闇鍋の具を全て平らげて出て行かれる。
…いや、まだ他の闇鍋はあるようだったが…。
その代わりに羽織先輩はチーズフォンデュ鍋を作り振るっていた。
赤鍋の具もわずかとなり、最後の汁を一気で頂く。
ヤクザ…じゃない、石沢先輩、そんな驚かずとも。
気づけば、赤面がちな蒼子先輩は一条先輩とコイビトとなったようだった。
めでたいな、何故か涼子先輩が作った辛い闇鍋をつつき。
特に羽織先輩が泣きながら食べていた。…泣かずとも…。
朝会った澪先輩や三日目の遭遇となる真目先輩も穏やかに見守っていた。
そういえば神崎先輩は蘆屋先輩とくっついたんだろうか。
気になるといえば、気になる。
途中来たテリオンの誤爆より前に、しっとだんが現れた。
丁度一条カップルと入れ替わりくらいに。日向が呼んだようだ。
ライフェリアが倒れる。…マスクが怖かったんだろうか。
しっと団の裏の顔を知ったり、今までのできごとや現状を知った。
しっと団も大変なんだなと思った。
しかし、蓮見先輩は理性を保つべきだと思った。
かわいい子が多かったせいか
涼子先輩は照れアイコンを頼んだらしい。楽しみだ。
…随分、長居してしまったようだ。
真目先輩がやたら心配していたんで帰ることとした。
常時、起きている時間に起きていなければ不安になるんだが
まぁ丁度いい頃合か…(4時)

ということで、だいたいこんな経緯であった。
多分、誤字脱字順序間違え時差の関係などは
色々突っ込みどころなんだが、まぁ気にしないでくれ。
自己満足だからな、うむ…。

だが後半の屋上メンバーへは感情抱きすぎたな、と反省…。
時期に会話のない者は削除しておく(汗)
きっと迷惑だろうからな〜うむ。


さて。
直屋先輩の鍋をつつきに来た天城先輩が
相談(寝顔事件)に乗ってくれたんだが。
(…GT有難うな!)

どうやってサミル先輩を懲らしめようか…。
トモ先輩曰く、私の修行云々の話ではないようだし…。
人を呪わば穴二つ…ううむ、何かいい手立てはないか…(考)
何としても、サミル先輩の油断をつき、ぎゃふんと言わせたいんだ、ううむ…。
posted by 瞳 at 08:30| 🌁| Comment(9) | メモ録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ピ、ピンク…(汗)
すまなかった、あの時はつい…。

サムも素直じゃないからな…
キミの寝顔に見とれてたんだろう、おそらく。
で、十六夜が起きてしまったから
ああいう態度を取ってしまったと。

悪気があるわけじゃないと思うから、な。

Posted by ヴィシャス at 2007年07月18日 19:27
 つーわけで蘆屋先輩だ。一昨日は屋上で付き合いありがとな。

 で。まぁ、なんかあれから付き合うことになったり。なんかまぁ、あそこにいた皆のおかげでもあると思うし、一応お礼を、とな。まーどっちかっつーとなんか見つけたから書き込んでるだけだが(苦笑)

 ま、とりあえず今回はこんなとこでなー
Posted by 鏡次 at 2007年07月18日 23:53
>ロウ先輩
…いや、まぁ…
若い美空では良くあること、だから
仕方ないんだろうがな…うむ

…むぅ、寝顔に見とれるとは何だ。
…涎を垂らして寝ていた顔が
それほど滑稽だったということなのか。
むぅ、ということは私が悪いということか?

悪気はなくとも、許せんのだ…むぅ。

>蘆屋先輩
おお。こんなところで出会うとはな!
此方こそ、付き合い有難う。
同業のよしみのようなものだ、
いずれまた会うこともあろう…。

おお、神崎先輩とは付き合うこととなったか。
おめでとう(ニコ)
お礼と言われても、私は何もしてないぞ…うむ。

また二人とお話できる機会がもてたらいいな。
また見つけたら、容赦なく書き込みにきてくれ。

ああ、今回はここまでだな。
Posted by 瞳 at 2007年07月19日 19:37
いや、屋上に行ったのは何と無く。
んで、GT連衡は相手してくれたお礼。
尤もロクなの拾わないから詠唱銀の足しにもならんだろうが。

まぁ、仕返しは頑張れ。(無責任)
Posted by 天城小次郎 at 2007年07月19日 20:41
寝顔…?いいなぁ…。
普段から可愛いからきっと寝顔はもっと可愛いんだろうな…。
あ…でも今回のは女の子的に…ちょっとショックかもね…(苦笑)
Posted by 女好菜 at 2007年07月19日 21:01
サミーが見とれてたってのは
寝顔が可愛いかったからだろー。
サミーもスミにおけねーな!おけねーよ!

オレも見たかったぜ…(涙)
アキちゃんの寝顔。

…だがこれでサミーがツンデレってのは確定だ!

Posted by 伊織 at 2007年07月20日 01:34
何だか皆、反応が早いな…(淡々と)

>天城先輩
…というより先輩は
春巻きをくれたことを忘れていそうだな。
鍋はご馳走様であった。
ああでは頑張るよ、仕返し(ニコ)

>弘明先輩
…(もはや何も言うまい)<可愛いとか
…いや男でもショックなんじゃないか?(汗)
単に、油断してしまったことが憎いんだ(さらりと)

>伊織先輩
隅とは何だ?(首傾げ)

…ふむ、見たら
伊織先輩も仕返し組となるんだが…ん?(ニコ)

…そうか、よく解らないが
サミル先輩がツンデレなことは確定したか…
(メモり)
Posted by 瞳 at 2007年07月20日 19:19
…?
…あー…確かに逆の立場で瞳に見られてたらショックで学校休みかねない…(ぁ)
油断できる仲間がいるってのもいいことだよ♪
Posted by 女好菜 at 2007年07月21日 02:07
?弘明先輩の寝顔は可愛いだろうが??
…ううむ…、
(そんなもの、あってはならないんだが…(ぼそ))
Posted by 瞳 at 2007年07月21日 12:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。